「ETCカード」の使い方には、こんな方法もある

高速道路走行をするときは、料金所の入口で一旦停止しないといけないので、渋滞の原因にもなります。また、出口の料金所に向かうときは、お金を出しやすい状態にしておく必要もありますね。それに、料金所の収受ブースに幅寄せする距離も大切で、もし、遠すぎるとチケットやお金を受け渡しするときに手が届かなくなってしまいます。

そのような面倒さを軽減するために注目されているのが「ETCシステム」です。このシステムは、専用レーンをノンストップ(時速20km以下で進入、徐行)で通過できることが大きな魅力です。そのためには「車載器」を導入する必要があり、セットアップ料金を加えると、けっこうな出費になるため、高速道路走行が少ない人にはお勧めできないかもしれません。

ちなみに、ETCシステムを利用するためには「ETCカード」が必要ですが、発行手数料や年会費無料のクレジットカードを探して、付帯発行するとお得になります。

そのETCカードですが、車載器が付いていない自動車でも、料金所の一般レーンで現金と同じように使うことができます。また、クレジットカードでも払えるため、手持ちの現金が少ない場合など安心ですね。肝臓の数値 γ-GTP とは?